初めてでも使えるfaxdm原稿の使い方

企業のPR方法で最も主流であるのが郵送によるDMです。チラシやはがきがポストに入っているということは日常的によくあります。こうしたチラシやはがきによる宣伝は一般の顧客に対しては有効的であるといえますが、企業間に関しては有効的な宣伝方法とはいえません。企業の多くは一般的に郵便物の振り分けを行い、各部署に郵便物が届けられます。その際にPRのはがきやチラシなどはすぐに省かれてしまい、内容まで見てもらえない可能性が高いのです。そうした中で有効的な宣伝方法といえるのがfaxdmです。faxdmはfaxを使った宣伝方法で、原稿を1枚用意すれば多くの企業に送り、宣伝活動を行うことが可能です。そのため宣伝にかかる費用も抑えることができるということも大きな特徴です。またfaxを利用したことがあれば手軽に行うことができるため初めてでも簡単に宣伝活動ができるのです。

faxdm原稿ならコストが大幅削減できます

faxdmはどのような原稿を作成するかが非常に需要です。faxdmは1枚の原稿を多くの宛先に配信する宣伝方法であるため、原稿のペーパーレスにはなり、宣伝費用を節約することも可能です。しかしその反面多くの情報量を伝えることはできず、A4サイズ1枚にまとめなければなりません。また当然faxで送るため白と黒のモノトーンでしか送ることができません。郵送やポスティングによるチラシやはがきであれば伝えたい部分をより強調した色合いにするだけで、一目でどこのPRか、なにを伝えたいかがわかるように作ることができますが、カラーを使うことができないfaxdmにおいてそのデザインが非常に重要といえるのです。そのため文字の大きさやフォントなどを工夫することで、一目でわかりやすいfaxdmの原稿を作成することが可能となるのです。

faxdmの原稿作成を代行できる業者を活用

faxdmではどんな原稿を送るかによって宣伝効果が大きく異なります。しかしはじめてfaxdmを行う場合、こうした原稿作りがネックとなる場合もあります。そのためfaxdmを代行して行う業者に依頼するという方法も検討すると良いです。こうした業者は原稿の作成にとどまらず、企業リストを多く持っているため宣伝活動に対する手間が省けるのも事実です。faxdmは多くの企業に送らなければ効果を上げることが難しいです。しかしリスト作成から自社で行おうとするとその分時間と費用がかさんでしまうため、代行業者に依頼することでよりスムーズに宣伝活動を行うことが可能となるのです。しかしfaxdmはdmを送ったあとに電話を入れることでより効果を上げることができる場合もあります。こうした電話におけるフォローは自社で行わなければならないため、代行業者をうまく活用し、より成果をあげる方法を考えなければならないのです。