様々な種類があるfaxdm原稿

faxといえば、白黒の原稿をfax専用機やプリンタのfax機能に原稿を入れて、電話番号を入れて送信する、というのが基本です。この原稿を手書きしている方は、現在少ないと思います。パソコンで作っているはずですが、作った原稿をプリントアウトせずに、そのまま送信できれば無駄な紙をこちらで使う必要がなくなります。faxdmのサービスでは、作った電子データをそのままインターネットで送ることができるサービスがあります。これは逆のパターンもあり、受信したfaxを紙に出力せずに、データとしてパソコンなどで見ることもできます。パソコンだけでなく、スマホで作成、もしくは撮影した写真をfaxに送信できるサービスもあります。現在はペーパーレスが提唱されており、不必要な紙への出力を抑える動きがあります。faxdmを利用することで、広報、営業という面だけでないメリットがあります。

faxdmで有効的な原稿作成方法とは

faxdmのメリットは、電話回線を通して多くの企業に営業ができるという点です。車や電車など交通費を使うこともありませんし、テレビCMや、つり革広告のように多大な広告費を必要としない点がメリットです。また専門の会社に依頼することで必要な顧客情報もありますし、原稿の作成や送信も行ってくれます。もちろん業者にもよりますので、良い業者を探す必要があります。この原稿作成のやり取りもメールで、内容の確認ができるので、何度も業者と直接会う必要もありませんし、紙を無駄に出力することもなく、反応が悪い場合の対策も考えていけます。ペーパーレス化は受信側にもメリットがあります。紙は、まとめておく必要がありますし、必要な時には廃棄されていたということもあります。データにも同様のことがいえますが、まとめておくことは比較的楽です。また夜中に突然faxが動きだし、驚かされるという事もないので、メリットは大きいです。

faxdmのデメリットも併せて原稿をペーパーレスにする理由

faxdmのデメリットは原稿によって、大きく差が開く反応率だけではなく、迷惑メールと同様の扱いを受けるという点です。しかも件数によっては業務の邪魔という事で、悪い印象を持たれてしまうということです。ペーパーレスは非常に助かるシステムですが、度が過ぎることは効果が無くなります。また当然無料ではなく、全て有料ですので、無駄に送信することは費用の無駄にもなります。ただ原稿を無くし、そのまま相手に送信できるシステムは、通常の文章のみのメールよりもわかりやすい写真やイラストを加えた、さらに添付メールのように、わざわざクリックして開くことなく、すぐに見てもらえるメールという、最大のメリットがあります。自分達に合う顧客リストを持った専門の業者に依頼することで、自分達でひたすらfaxを送信するよりも、効果が高くなります。