faxdm原稿のメリットデメリット

企業等を対象に広く宣伝活動を行う方法として、faxdmによるDM送信が注目されています。faxdmは、faxdm会社を通して、送りたい企業先に一斉にfaxを送信するというものです。一般のfaxのように、送る先ごとに、原稿をfax機にセットしてからダイヤルし、送信するのではなく、faxdm会社から何千件、何万件と一斉に大量送信ができるので、大変便利です。コストも配信した通信料だけして払えば良いシステムになっている所が多いので、郵送DMのように、郵送代や印刷代、用紙代、封入する労力がいらなくなるというメリットもあります。デメリットは、白黒印字なので興味を惹くためには、レイアウトに工夫が必要なことと、1回にたくさんの情報を送信できない点です。簡潔で、注目してもらいやすい原稿を作成することがポイントになります。

faxdmの原稿を作成する上で重要な事

faxdmを利用すると、一斉にたくさんの宛先にfaxを送信することができますが、受信する側は、用紙やインク代を消耗するため、一度に大量の情報を送ってくるDMは好ましく思われません。そこで、1枚のDMに、好感を持って目を通してもらえるように、原稿の作成に工夫を凝らす必要があります。原稿づくりに不安があれば、原稿作成のアドバイスをしてくれるfaxdm会社や、様々なテンプレートを提供してくれるfaxdm会社がありますので、原稿作成に役立つサービスを利用すると良いです。また、リストの作成でも、faxdm会社のサービスを利用することができます。独自に送信リストを作成するためには膨大な時間がかかりますが、faxdm会社のリスト提供を受けると、すぐに、送信作業に入れるので、作業効率を上げることができます。

faxdmの原稿を企業の好感度アップにつなげましょう

faxdmを利用して送信する際には、企業の好感度をアップさせるように心がけましょう。リスト先を選定して送信していても、一度に一つの宛先に大量に送信しないことや、頻繁に送らないことを心がけることが大切です。1ページの原稿に情報を収めきれない時には、HPの情報先等を添えて、詳しくはHPを見てもらうようにするのも良いです。また、メッセージ内容がすぐに伝わるように、ポイントとなる言葉や内容は大きめの字にしたり、文章だけでは分かりにくい内容には、イラストを添えると親切です。さらに、次回からのfaxが不要な場合には、不要であるとの意思表示ができるチェック欄を設けて、返信できるようにしておくのも、好印象を与えることにつながります。このように、受ける側に対する配慮を心がけることでイメージアップにつなげていくことができます。